グルメな私は、遠路はるばる大分まで食を楽しみに来ました♪
今回の私が狙っている料理ベルーガアジアさんから紹介された【関サバの焼き魚】、【琉球丼】、【とり天】です。


大分駅を降りて、関サバ・関アジが水揚げされる佐賀関まで向かいます。
早速一軒の食堂に入ります。
店員さんに関サバは入っているか尋ねると、新鮮な魚が入ったばかりとのこと。
目的の料理を食することが出来ることにひと安心しました。

漫画本を読みながら料理を待っていると、さっそく琉球丼・関サバの焼き魚・とり天が運ばれてきました。

琉球丼には関アジが使われています。
濃い目のタレにしっかり付け込まれた脂たっぷりのプリプリの刺身が、下の米が見えないくらい敷き詰められています。

今回の琉球丼には関アジが使われていますが、サバやブリを使う時もあるそうです。
時期や捕れた魚を見て、一番おいしい魚を選ぶそうです。

刺身でご飯を包み一気に口まで運びます。
染み込んだタレが口の中いっぱいに広がり、唾液がどっと溢れてきました!
コリコリとした食感がたまらない刺身は噛むたびに甘みを吹き出します♪
今までいろんな漬け丼を食してきましたが、この琉球丼は1、2を争うほど美味しかったです。

関サバはまんまると太っています。
脂がたっぷりとのっているのでしょう。
切り込みが入っているところからダラダラと脂汁が溢れています♪

私は普段、焼き魚にはおろし大根と醤油が欠かせません。
しかし、今回は何も付けないままサクッと箸を差し込んで身を掴みます。
皮ごと上に持ち上げ口に運んでいきます。

うまいっ!!!!!


関サバが持つ脂のうまみが口の中を覆っていきます。
もし醤油を掛けていたならこの感動は味わえなかったことでしょう。
醤油をかけなくて正解でした。

私が今回失敗したのは最後にとり天を食したことです。
琉球丼、関サバの焼き魚と味がしっかりしている料理を先に食べてしまったことで、あっさりとしたとり天がなんとも味気なく感じてしまいました。
きっと一番先に食していたならもっと感動を味わえたことでしょう。
次回大分を訪れた時には気を付けることにします。

目的の料理を堪能して満足気でいたのですが、テレビで流れている地元の情報番組で【中津の唐揚げ】を紹介しているのを見てしまい、「これは食せねば!」とグルメ魂に火が付いてしまいました。

中津には始めて足を運びます。
たくさんの唐揚げ専門店が存在することは知っていましたが、知っているのと体験しているのとでは全然違うということを教わりました。
道路を100mほど歩くだけで、唐揚げ専門店を10件も見かけたのです。
これほど近い場所で同種のお店を出す業種があるでしょうか?
八百屋さんでも魚屋さんでも美容室でも見かけた事はありません。

どこの唐揚げがおいしいのか知識がない私は、近くのコンビニ店員さんにオススメのお店を訪ねることにしました。

教えてもらったお店で若鳥の唐揚げを注文しました。
熱々の湯気が立っていましたがそんなことはお構いなしです。
揚げたての若鳥を早速頂きます。

ニンニクが利いたタレに漬けこまれていたのでしょう。
うまみが口いっぱいに広がります♪
噛むたびにとめどなく肉の脂が溢れてきて、食欲をどんどん湧き立たせてくれます!
中津の唐揚げは最高にうまかったです♪

大分は食の宝庫みたいです。
次回訪れるのが本当に楽しみです♪
そしてやはりベルーガアジアさんの紹介にはずれはありませんね♪